X
    Categories: パートナーシップ

「愛のルール」と「恋のルール」の違い

「愛のルール」と「恋のルール」は違うもの。

「恋のルール」は、所謂、“恋のテクニック”のように、相手を嫉妬させたり、相手の気を引いたり、相手の愛情を試したりして、相手の気持ちが盛り上がるもの。

でも、「愛のルール」はその正反対。

むしろ愛を知っている人に「恋のルール」をすると、関係が壊れてしまうことも。

「恋のルール」では、相手に自分の存在価値を知らしめようと、本心とは違っても、簡単に「別れる!」なんて言ってしまう。

相手も「恋」を抱いているのであれば、恋人の存在によって“自分の足りなさ”を埋めているから、「それは困る!」となってしまう。結果、そこから相手の恋心を燃え上がらせることだってあるでしょう。

でも、相手が「愛」を抱いていたら、「相手が別れたがっているのであれば、自分は辛くても、別れてあげた方がお互いのためになるのでは?」と考える。

さらに言えば、それが単なる“試し行動”だと分かった時、今後も何度も試されるのだろうか?とゲンナリしてくる・・・。

愛は、相手から何かを奪うものではなく、与えるものだからこそ、相手が愛情を試そうと「別れる」と言いだす度に、自分が今まで“愛の積み木”で作りあげてきた城をバーンと手で崩された気分になる。

そして、だんだん相手を愛することが怖くなってくる。また、いつか自分が積み重ねてきた“愛の積み木の城”を、いとも簡単に壊されてしまうのでは?と思うから。もっと安心して、“愛の積み木の城”を作っていきたいのです。

でも、“恋の積み木の城”しか作ってきたことのない人は、“愛の積み木の城”が見えない。

だから、“恋の積み木の城”ばかりを探し、見つからないと、自分は愛されていないのでは?と不安がる。(そして暴れてしまい、その衝動で見えていない“愛の積み木の城”を壊しちゃっているのだけど、本人は気付いていない)

「愛」が分からない人は、相手から嫉妬され、深く求められ、時に“自分を奪われる”ことが「愛されること」だと勘違いしている。

でも、それは愛ではない。恋なんです。

何度も言うけど、恋は奪い合うものだけど、愛は与え合うものなんです。

愛情を奪い合うようことをエネルギーにするような者同士であれば、恋が成立する。

でも、“与え合うような愛を求めている人”にとっては、そういう関係は、自分をすり減らしてしまう分、最終的にはこう考えてしまう。

「このままお互いが一緒にいることが本当に幸せなのだろうか?」と。自分のためだけではなく、相手の幸せのためにも。

恋人が「恋のルール」しか持っていないと、自分の溢れ出す愛情が相手には見えないから、恋人はどんどん不安になっていく。また、自分自身も恋人から“愛情の試し行動”をされる度にひどく傷ついていく。

そんな関係、いつまで続けるられるのだろうか。お互いに好き合っていても、一緒にいることでむしろ傷つけ合ってしまいますしね。

恋をしたい人はすればいい。そういう時期なのだから。

でも、愛を分かち合いた人と恋をしようとしても、おそらく、うまくはいかない。恋と愛では、ルールが違うのだから。

あなたがしたいのは、恋ですか?愛ですか?

byコラムニスト・ひかり

hikari :コラムニスト・All About 恋愛ガイド・HAPPY WOMAN NEWS編集長。

Comments are closed.