この世界は「愛が基調」であるということ

この世界は「愛が基調」であるということ

久々に、アミの本(「アミ小さな宇宙人」など)を読み返しました。

急に読みたくなったんですよね。

地球の少年ペドゥリートが宇宙人のアミと出会い、宇宙の秘密を知っていく童話のようなお話なのですが、書いていることは、かなり大切なことばかり。

「えー!こんなことが書かれていたの?」と驚きました。

人が幸せになるためのあらゆるメッセージがこの本に書かれていたんですよね。

この本を初めて読んだのが6年ほど前。そのときの私が読み込めていなかったことも。

さらに言えば、この6年間で私が学んだことがここに書かれていました。

やはり人生の答えって自分の内側から導き出さないと、どんなに目の前に答えがあっても、気付かないものなのかもしれません。

その中でもこの本のキーとなるのが、「愛が基調」だということ。

幸せ=愛=神だから。

さらに見る