ピンチの時は、前向きにやるしかない!

ピンチの時は、前向きにやるしかない!

先日、映画「オデッセイ」を観ました。

いやぁ、ハラハラしました!!

火星探査ミッションで独りぼっちで火星に取り残されたマーク・ワトニー(マット・デイモン)が絶体絶命の中、地球に帰るためのプランを実行していく・・・。

生きるか、死ぬかだったら、もう、生きている間だけでも、やれることは、やるしかない!

しかも、苦しみながらやるのかユーモアをもってやるのかのどちらかだったら、ユーモアをやってやった方が、気分もマシ。

一か八かだったら、何もしないで悪い状況になるのをただじっと待っているのではなく、とりあえず、ダメ元でやってみる。

こんな最悪の二者択一しかないなら、その中で、少しでもいいと思う方を選ぶしかない。

こんな悩んでいる時間が命取りになる場合は、もう選択をするしかない。選択しないことが、「悪い方をする」ことを選んでいるようなものだから。

それは、私たちの日常生活でも言えること。

さらに見る