最近の投稿

More

「血がつながっている」ことと「親子になる」ことは、必ずしもイコールではない。

「血がつながっている」ことと「親子になる」ことは、必ずしもイコールではない。

先日、こういった映画を見ました。

「八日目の蝉」

自らが母親になれない絶望から、希和子(永作博美)は不倫相手の赤ちゃんを誘拐してわが子として育てる。4歳になり実の両親の元に戻った恵理菜(井上真央)は、その後、21歳になり、心を閉ざした大人になり、今度は自分も不倫の男の子を妊娠してしまう…。

ものすごく考えさせられる話でした。正しさも間違っているも超えた、本物の愛情があったからです。

希和子は無条件の愛で子供を愛し、育てていく。

もちろん赤ちゃんを誘拐して自分の子として育てるなんて、もってもほかです。現実に起こったら、それはもう、やられた方にしたら、許すことはできないでしょう。

<ここからはネタバレになってしまうので、ご注意>

さらに見る

よく読まれている記事