よく読まれている記事

失敗をするよりも恐いことって?

StockSnap / Pixabay

誰もが失敗したくない。
でも、失敗をするよりも恐れた方がいいことがあるんですよね。

それは、「学べていないこと」。

人は学べていないから、失敗をする。

学べていなかったら、今、失敗をしなくても、いつか失敗する。

だったら、今、学んだ方がよくないですか?

もちろんベストなのは「失敗する前に学ぶこと」ですが。


運ってもちろんあるのだけど、運以上にやはり、その人の内側にどれだけ魅力と実力があるかで、物事は左右されるものだと思うんです。

どんなに恋愛運が悪い時期だとしても、その人が魅力的であれば、やはり惹きつけられる人は出てくる。

どんなに仕事運が悪い時期でも、目の前の仕事を一生懸命やれば、それが次に繋がり、発展する。

もちろん自分以外のこと・・・
大切な人の死などは、自分でコントロールできるようなことではないのですが、「魂は永遠だ」ということを本当の意味で学んでいたら、やはりそこまで苦しまない。

大切な人との別れは、寂しいことだけど、相手のことを本当の意味で愛していれば、「相手はこの世界を卒業できたんだ」とお別れできる、というか。

つまり、幸せになるために必要なのは、運というコントロールできないものだけではなく、自分自身の内側に何があるか、なんですよね。

敢えて言うなら、運のない時期というのは、どれだけの実力、魅力があるのか天に試されている時期とも言えます。

いい回答をできれば、むしろいいことが起こったり。

だって、「自分のやった行いが自分に返ってくる」のはこの世界の法則ですしね。運に関係なく。

だから、占いを見て、「運がいい」「悪い」なんて運任せにしないで、自分に力をつけることが最優先なんですよね。

もし失敗したときは、「今は学ぶときなんだ。次は同じ失敗をしないぞ。むしろ今、気付いてよかった!」と、前向きに考えられる人でありたいものですね。

byコラムニスト・ひかり