よく読まれている記事

結婚前には長期旅行に行くべし!

3194556 / Pixabay

よく「結婚したら相手が豹変して、性格が悪くなった」なんて話は聞くものです。

だからこそ、相手の色々な面をみるためにも、「結婚前に同棲をするのはどうか?」という話題は尽きないものですよね。

私自身、同棲に関しては、
「確実“に”結婚したければ、同棲しないで結婚」
「確実“な”結婚をしたければ、同棲をして結婚」
ということをよく言っています。

やはり同棲って、恋愛ではなく生活になってしまうから、(ドキドキばかりしていたら、生活に支障がでるし)だんだん恋心が落ち着いてしまい、結婚に向かう勢いはなくなることもあり、あまりいい方法とは言えません。

でも、同棲よりも、「1週間くらいの旅行に行く」のはアリかな、なんて思います。

やはり週一ペースのデートだとお互いにそれなりに心に余裕がある状態で、尚且つ、いい人を演じた状態で会うこともできるけど、1週間、朝から晩まで共に過ごすとなると、色々な顔が見えてくる。

生活習慣の違う2人が家とは違う、プライベートスペースのないホテルの空間で共に過ごすとなると、やはり仲が悪くなることだって出てくるし、機嫌が悪くなることだってあるもの。

でも、実はそれが長期で旅行に行くことのポイントだと思うんです。

いいときって、みんないい人でいられるけど、自分の都合の悪い時にこそ、その人の本性が出てきますしね。

「長く付き合っていける相手か?」をしっかり見るためには、相手は機嫌が悪くなると、どんな態度をとる人なのか?も見てみることは大事ですし、それに対して、自分がきちんと対応できるのか、(時に我慢できるのか)というのは、結婚前に知っておいた方がいいでしょうね。

また、もし泊まるところがホテルではなく、ウィークリーマンションなど、キッチンが付いていて、家事を自分たちでやるようなところだったら尚、いいもの。

相手がどんな生活習慣を持ち、日々、家事をやっている人なのかどうかも分かりますしね。

それは、相手が結婚相手にふさわしいかどうか、というジャッジをする、というよりは、(そんな理想通りな人はそうそういないから!)自分が相手の欠点に対しても、うまくやっていけるかどうか(自分に相手とうまくやっていける能力があるのか)を見ることの方が重要だと思うんです。

それは逆を言えば、相手にとっても「自分(私)の欠点に耐え得る人なのか」というジャッジにもなりますしね。

ある程度の年齢になったら、人ってそうそう変われないところもありますしね(苦笑)。

結婚生活は、「こんなはずじゃなかった!」の連続だとよく言われるもの。

それで言うと、長期の旅行においても、おそらくキラキラした出来事だけではなくなってくるもの。

疲労がたまる分、機嫌のコントロールが難しくなることもありますしね。

だからこそ、相手が、結婚に夢を見過ぎていて、長期の旅行をしたあと、「こんなはずじゃない!」なんて逃げ出すようなタイプだったらきっと結婚したってうまくいかない、とも言えます。


また、やはり人は、朝、昼、夜の顔とか、1人の時、そして一緒にいる相手によって顔が変わるもの。

低血圧で朝、機嫌が悪いこともあれば、夜、お酒を飲んだら、性格が変わってしまう、なんてことだって無きにしも非ず。

1週間も一緒にいたら、結構、色々な顔を見られると思うんですよね。

それはできれば、結婚前に見ておいた方がいい。(&自分の姿も見せておいた方がいい)

同棲までいくと、結婚が遠のくことはあるかもしれませんが、長期の旅行なら、期限がありますしね。

もちろんその結果、別れることだってあるかもしれませんが、結婚してから破たんするよりも、マシとも言えるかも!

そういえば、一昔前は「成田離婚」なんて言葉が流行りましたよね。結婚して、1週間くらいかけて海外へ新婚旅行に行ったら、相手の本性が見えてきて、愛が冷めちゃう、というパターン。

だったら、結婚前に1週間くらいの旅を、試してみた方がいいでしょうね。

ほんと、人というのは、色々な顔を持っているから、週1以上、デートをしていたって、分からないことも多い。

自分の前では誠実だった相手が、実は、自分の前でだけ“そういうキャラを演じていた”(話を合わせていた)なんてことだってあるでしょうしね。

でも、1週間、朝から晩まで共に過ごせば、相手の素顔も見えるでしょうしね。

特に、結婚前に、自分の都合の悪くなった状況になったときにこそ、出てくる相手の姿をきちんと見ておいた方がいいし、(声を荒げる人なのか、とか)それに対応できる自分かどうかはジャッジしておいた方がいいですよ!

今、結婚したい相手がいる人は、ぜひ、一週間の旅行を!

byコラムニスト・ひかり