よく読まれている記事

失恋の悲しみは誤魔化すよりも、受け止めよう

 

jill111 / Pixabay

悲しいことがあった時、それを受け止めずに誤魔化そうとすると、もっと悲しい結果になることはよくあること。

例えば、失恋をしたときに、「新たな恋を!」と頑張って逆に、まだ恋をしていない相手とデートを重ねたりすると、心から楽しめず、さらに、そんなことをしている自分に対して、どこか嫌悪感を抱き、もっと苦しくなる、なんてことも。

悲しみを誤魔化そうとすると、普段選ばないものやことを選んでしまうんですよね。

それで自分らしさを失い、ますます悪い状況になってしまう。

悲しみを誤魔化すのではなく、きちんと受け止める。
そして、それに対する涙はたくさん流して、スッキリした方がいい。

その上で、ニュートラルな自分になって、自分が本当に必要としているものを選ばなければ、どんどん人生の道が誤ってしまう。

本当に胸が痛む悲しみって、やはり誤魔化せるものではないからこそ、すごく重要なこと。

悲しみは誤魔化すのではなく、受け止め、そして手放しましょうね。

byコラムニスト・ひかり