よく読まれている記事

絶対に付き合ってはいけない人は、こういう人!

もし絶対に付き合ってはいけないタイプを1つ挙げるとしたら……

それは「あなたを傷つける人」です。

どんなにイケメンだろうが、どんなに社会的地位があろうが、どんなに一緒にいて楽しいだろうが、こういう人と一緒にいてはいけないと思うんです。どんどん不幸になるからです。

だから、当たり前だけど、DVをする人は以ての外ですし、それ以外にも、

・深く傷つけるようなことを言う人、
・浮気をするパートナー(信頼を裏切るパートナー)
・都合がいい関係をする相手、
・不倫を誘ってくる既婚者、
とは、関わらないようにした方がいい。

「ひどいことを言われる」「ひどいことをされる」というのも、人の心を傷つけるのには充分な力があり、ある意味、暴力だから!

体の怪我以上に、心の傷は意外と治りにくいものです。

自分では治ったようでいても、相手にされたことがトラウマとなり、今後、新しい恋をするにも、人を愛するのが怖くなったり、信じてもいい相手を信じられなくなったり、なんてこともあるでしょう。

中には、信じ切っていた恋人から裏切られたために、男性不振に陥る女性もいれば、妻の浮気をきっかけに、EDになってしまう男性だっています。

だからと言って、ひどいことをした相手に対して恨み続けろ!と言っているわけでもありません。

「もう自分とは関係ない人なのだ」と思い、「関係ないのだから、恨む必要もない(=許す)」と思って、自分は新たな幸せを掴むことが大切。
それができると、大分、心は楽になってきます。

 

ただ、「許すこと、執着を捨てること」と「自分の心の傷」は別の次元の話でもあります。

相手に対して執着を捨てられても、その傷つけられた出来事によって心に深く刻まれた傷がずっと跡を残したまま、尾を引いてしまうこともあるからです。

トラウマになってしまうと、自分の意思だけではどうすることもできないことも。

心の傷の深さによっては、本当に心の病になってしまい、医療を頼るしかなくなってしまうこともあるでしょう。
こうなったらもう、簡単な話ではなくなります。

だからこそ、そうなってしまう前に、自分を傷つける相手とは<速やかに>関わらないようにした方がいいと思うんです。

「自分を大切にすること」
それは、自分が一番しなくてはいけないこと。

逆に、自分を大切にしてくれない人と付き合い続けることは、「自分を大切にしていない」ことに繋がるから!

誰もが大切にされるべき存在。

まずは、自分をきちんと大切にしましょうね。