よく読まれている記事

不倫をしている人は、「自分に正直でいたいだけ」と言い訳するのはなぜか。

不倫をしている人は、「自分に正直でいたいだけ」と言い訳するのはなぜか。

不倫を擁護する人はみな、「好きになってはいけない人を好きなってしまうことはある!」と言う。

自分に正直に生きることがいけないことなのか?と。

もちろん好きになるのは自由。正直に生きるのことも大切。

でも、そこから先、深い関係になるか否かは「理性」の話になる。

「Hをしたいから、してしまった!」というのは、正直さとはちょっと違う。

欲望に負けたのだ、と。

もちろん人間だから時として欲望に負けることはあるでしょう。

でも、それを正当化してはいけない。

悪いことだと認め、迷惑をかけた人には、きちんと謝罪の気持ちは持った方がいい。

自分の立ち位置を見えず、「好きになったのだから、仕方がない」「したかったのだから、したんだー!」というのは、“子供の発想”なのです。

もちろん世の中には一夫多妻制の国もある。
結婚していたって、他の人と恋愛できる国だってある。

だから、倫理的な話ではない。思いやりの話なのです。

さらに、日本という国のルールの話なのです。

自分中心に世界が周り、自分がルールでいるうちは見えないことも多い。

でも、視野を大きく持つことが大人になることなんですよね。

「不倫は大人の恋だ」と言うのであれば、まずは自分自身が大人になった方がいいかもしれませんよ?