”嫌われる勇気”を持っている?

”嫌われる勇気”を持っている?

書籍「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 」(ダイヤモンド社刊)を読んだことはありますか?

フロイト、ユングに並び、心理学の三大巨頭と称されている、アルフレッド・アドラーの思想を哲人と青年の会話方式で紹介された一冊です。

「嫌われる勇気」とは言っても、嫌われることを推奨している本ではなく、他者からの評価を気にかけないで、自分の生き方を貫く大切さが書かれています。それこそが、自由ということなのだと。

現代は、「良い人をやめなさい」とか、「嫌われる勇気を持とう」といった言葉に反響がありますが、それは、多くの人が、「自由を求めている」ってことなんでしょうね。

それだけ、多くの人が他人からの評価に左右され不自由な思いをしているということでもあります。

この本で、へぇ!と思ったのが、この一文。

<AだからBできない」というのは、実は「Aでなければ自分は有能だ」と暗示をかけている>

例えば、これに当てはめると、「私は綺麗ではないから、恋人ができない」「若くないから、結婚できない」にしても、「綺麗だったら、恋人ができるくらいにそれ以外の部分は魅力的」「若ければ結婚できるくらいに、それ以外のところは私は問題ない」と自分に言い聞かせている、とも言えます。

極端な発想かもしれないけど、確かに、「Aだから」というのは、基本、言い訳だったりもしますしね。人はどんな欠点があったとしても、トータル的に魅力であれば、なんとかなることもありますしね。


また、アドラーは、「人間の悩みはすべて対人関係」と言います。それは、特に、他者の課題に土足で踏み込むこと、あるいは、自分の課題に土足で踏み込まれることで引きおこる、と。

「親しき仲にも礼儀あり」と言いますが、その相手との線引きが難しいところってありますよね。

とやかく言わずに、「これは相手の課題である」と思ったときは、軽くアドバイスはしつつも、相手を信じること(=見守ること)が一番重要だったりもします。

相手の課題なのに、自分のことのように扱ってしまっては、お互いのためによくないんですよね。


さらに、この本で一番のメッセージとなっているのが、「人生において、大事な行動&心理」について。

人生で大事な行動は、
・自立すること
・社会と調和すること

さらに、それができるようにするための心理としては、
・私には能力がある(自分を認める)
・人々は私の仲間である
と思うことだと伝えています。

自立しながらも、社会と調和する大切さ。このバランスって、すごく大切ですよね。

そして、ここで言う、「私には能力がある」と、自分を認めるのは、「自分を受け入れる」ということ。

それがあるからこそ、人のことも受け入れられるし、逆を言えば、自分を受け入れられない人が人のことを受け入れられません。

さらに、ここでいう「人々は私の仲間である」とはどういうことか?というと、学歴社会、競争社会の中で育ってきてしまうことでの人生の落とし穴というのは、「競争していると、他社全般のこと、ひいては世界のことを敵だとみなしてしまう」=「競争に生きている人の世界は、敵で満ち溢れている」という価値観を持ってしまうことのようです。

だから、幸せそうにしている他者がいると、祝福をするどころか、「私の負け」だと捉えてしまう人も。

そこで、「全ての人は仲間=共同体感覚を持つこと」が、幸せに結びつく、のだと言っています。

共同体感覚をもてるようになる、というのは、実は、スピリチュアル的にも大事なことで、「ワンネス」という言葉で表現されることもあります。

それは、スピリチュアルな視野からみると、私たちは1つにつながっている、ということ。

ただ、この感覚を味わうことは簡単なことではありません。

でも、単純な話、競争グゼがついて、周りの人が敵だと見える人よりも、「すべての人が自分の仲間なんだ」と思える人の方が協力者も増えるしし、幸せになれるでしょうね。

そして、この本では、先ほどの「人生の大切な行動&心理」を持てるようになるためには、自分を受け入れる→他者を信頼する→他者に貢献することが大切で、結局、他者に貢献することが、さらに自分を受け入れることにつながる、ということを伝えています。
自分を受け入れる→他者を信頼する→他者に貢献すること→さらに自分を受け入れられるようになる

自分がしたことで人が喜んでくれ、褒めてくれると、“自己重要感”が高まる。
そうすると、より自分を受け入れられるようになりますしね。

私の書いているコラムや本を読んでくださっている方なら、分かると思うのですが、この本に書いてある根本的なメッセージってすごく似ているんですよね。

ただ、私が突き詰めて考え続けたことが、アドラーの思想につながるというのは、ある意味、「私も無意識的にアドラーと同じ道を求めた結果」とも言えるかも。

実は、先日、19歳の女優さんを取材したら、こんなことをおっしゃっていたんです。

「人と比べないことを大切にしている」「人生は“自分との戦い”である」と。

これも私の書籍「愛される人の境界線」で伝えていたことと通ずるものがあります。

結局、どんな方向からであれ、どうしたら幸せになれるのか?を追求していくと、<1本の(人生の)道>になるんですよね。それは、武士道であっても、芸術であっても、仕事であっても、主婦であったとしても。

だからこそ、「人が最終的に目指すところは同じ」なんですよね。そこに真理がある、というか。

この本を読んで、私自身は、「同じことを伝えるにしても、こういう表現の仕方もあるんだなぁ」と参考になったりもしました。

興味のある方は、ぜひ「嫌われる勇気」の本を読んでみてくださいね!

byコラムニスト・ひかり