よく読まれている記事

選択したら、幸せになれるものって?

選択したら、幸せになれるものって?

世の中には、色々な思いを持った人が文章を書いている。

その人がいかに内側に愛を持ち、心の器が大きいか?によって、考え方、表現は随分、変わってしまう。

私ももちろん人のことは言えないけど、でも、正直な気持ちを言ってしまえば、時には、「なんでこの人は、こんな人を不幸にするようなことを書いているんだろう?」と残念な気持ちになることもある。

ただ、その表現に救われる人ももちろんいるわけで、そんな影響を受けてしまう人のことを思うと、いたたまれない気持ちにすらなる。

心の狭い人が書いた文章を読んで、心の狭い人は、「自分は間違っていないんだ!」と安心したりもする。

そういう人は、その人の表現と共に、その思いに伴った現実を引き寄せてしまう。

それはとても残念なことではあるけど、その人がそれを学ぶことが必要だから、その表現に共感し、それに伴う現実を得たわけだから、しょうがないこと…いや、それはそれで素晴らしいことだとも思う。それを経験することが、その人にとって大切なことなのだから。

こういう考えを持てば幸せになれる、なんて言っても、それを強制する時点で意味合いは変わってきてしまう。

この世界は誰もが自由意思を得ている。

それこそが、この世界の素晴しいところ。

こう思わないとと幸せになれないから、思いなさい!なんて、言ってしまったら、それこそ、囚われの身ですよね。

幸せになるのも自由。不幸になるのも自由。

スピリチュアル的に言ってしまえば、なにが良くてなにが悪いわけではなく、自分が経験したいものを選択する。

それに過ぎない。

もちろん、大切な人が悪い方向に進みそうなときは一生懸命止めるけど、それでもその人が人生においてそれを選択し、それに伴うものを経験したいのであれば、やはり止められない。

止めないことが、大切だから。

失敗をすることも、大切な経験。人は失敗をしないと学べないこともある。

そんなときは、見守るしかないんですよ。

選択をしたら、幸せになれるものは何か?

シンプルなことを言ってしまえば、「本当の愛が伴うもの」

自分のコンプレックスを誤魔化したり、正当化したり、逆に自分を責め続けたりしてしまうのは、自分に愛のない行為だし、人を傷つけてしまったり、利用したりすることは、当たり前だけど、人に愛のない行為。

でも、世の中には、そんな表現が溢れている。

だからこそ、自分は何を選択するのか。

それに尽きるんですよね。

byコラムニスト・ひかり