幸せになるために、重要なことって?

幸せになるために、重要なことって?

ふと思うんです。
幸せになれないのではなく、幸せを受け取れない人が多いのでは?

愛されないのではなく、愛を受け取れない人が多いのでは?と。

例えば、「幸せすぎて怖い」と言う人がいる。
そういう人はすでに、幸せを受け取るのに怖がっている。

だからこそ、心のどこかで受け取れないでいるのでは?と。

「自分なんて愛されるはずがない」という人がいる。
でも、そう言っている時点で、愛されることを怖がっている。

だから、目の前にある幸せや愛を上手に受け取れないのでは?と。

自分が幸せになることはすごく重要なこと。
自分が幸せになることで初めて、人に幸せを分け与えることができるようになるから。

だから、周りの人を幸せにするためにもまずは自分が幸せになることを、自分にきちんと許可しないといけない。

あなたは、幸せになってもいいんです!

ただ、幸せになるためにも、本当の幸せを理解していた方がいい。
愛されるためにも、本当の愛を理解していた方がいい。


本当の幸せとは?

例えばお金持ちになりたい!という人がいる。
でも、お金持ちになっても、そのお金を眺めているだけでは、幸せになんてなれない。
そのお金を使うことで、ようやく幸せを感じることができる。(=自分一人で貯めていくのではなく、使っていく)

さらに、そのお金で美味しいものを食べたり、素敵な家に住んだり、綺麗な服を買ったとしても、自分一人でなる幸せには限度がある。

つまり、自分一人で幸せになることを十分やり尽した後、それ以上に感じる幸せというのは、結局、「人を喜ばせること」なんですよね。


本当の愛とは?

素敵な人から性欲的に求められたところで、それだけでは満足いかないはず。
ちゃんと相手の心が自分に向いてないと、人は幸せにはなれない。

さらに、人はただ愛されたところで幸せにはなれない。
自分が愛することでようやく胸がときめき、幸せ感を得る。

結局、愛の喜びって、「愛すること」なんですよね。


まずは、自分が幸せになることを許可し、愛を受け止められる人にきちんとなる。
その上で、人を幸せにし、人を愛せる人になる。

そうなったとき、本当にその人は幸せになれるのだと、つくづく思うのです。

そのためにも、愛されること、幸せになる喜びをきちんと受け止められる自分になりましょうね。

怖がっている場合じゃないですよ!

P.S.
結局、幸せや愛を受け取るために大切なのは、「心(ハート)を開くこと」に尽きるんですよね。

傷つくことを怖がっている(=心(ハート)を閉じている)からこそ、幸せや愛を受け取れないでいるのだと。
頭では幸せになろうと思っていても、心(ハート)では怖がっているんですよね。

心(ハート)をもっと、もっと開きましょ!

byコラムニスト・ひかり