よく読まれている記事

トラブルの原因の半分は、自分にある!?

トラブルの原因の半分は、自分にある!?

「トラブル」と「ツイてない出来事」って、実はイコールではないんですよね。

ツイてない出来事は、誰にでも起こるものだけど、そこからトラブルに発展させる否かは、自分次第なところも意外と大きかったり。

例えば、不機嫌な人がいて、八つ当たりされたとき、「あぁ、機嫌が悪いんだな。かわいそうに」と相手を思いやることができれば、虫に刺された程度のことで済む。

そこまで思えなくて、「理不尽だわ!」とイライラしても、そんな人は相手にしないで、親しい友達に話を聞いてもらってスッキリしたら、それで済むだけのこと。

それなのに、そんな相手に仕返しをしてしまったら、機嫌が悪い相手にわざわざ喧嘩を売るわけだから、運が悪ければ、流血事件にだってなりかねません!(恐)

 

もちろん、突発的な事故などで、生死に関わるようなトラブルもあったりするもの。

そういうのは、自分の力ではどうすることもできないものだけど、それはもう「運命的に起こったこと」だと思って、諦めるしかないこともあるんですよね。

だから、トラブルと運命的な出来事はまた「別物」で、ここで差しているのは、単なるトラブルの話。

不運な出来事を小さいまま終わらせる人もいれば、大きくしてしまう人もいる。

そう思うと、不運な出来事って、「神様からのテスト」とも言えるかもしれませんね。ちゃんとクリアできるかな?って。

追試を出されないように、クリアできる人でいたいものですね。

byコラムニスト・ひかり