よく読まれている記事

人は、信じられない相手を愛せない!

人は、信じられない相手を愛せない!

人は、信じられない相手のことを愛するのは、難しいもの。

恋人がちょっとしたことでも嘘をつくタイプだったり、浮気をするようなタイプだったら、怖くて愛せないですよね。

 

結局、愛って、無償だけど、相手を愛するだけではなく、自分のこともきちんと愛さないといけない。

だからこそ、自分が傷つくかもしれない相手を愛することは、そうそうできるものではないですしね。

 

もちろん人は、自分を犠牲にしても愛する相手を助けることはあるかもしれない。

でも、それとこれは違う。

本当の愛があるから、そこまでの行動に出られるのであって、日頃から信じられない相手に対してはそこまでできないでしょうしね・・・。

 

実は、私は中学生頃からずっとあるテーマについて思っていたことがあるんです。

 

「人は、どうして人を裏切るのだろう?」と。

 

結局、大人になって分かったのは、裏切ろうと思って裏切る人は意外と少なく、その人が欲望(出世欲、性欲、金銭欲など)に負けてしまう行為が結果的に人を裏切る形になるということでした。

 

まあ、中には、自分勝手で、人の気持ちが思いやれないから自分がどれだけ相手を傷つけているのかも気付かない人もいますけどね。

 

結局、人は、自分を傷つけるような人を愛せない。

 

それは逆を言えば、人を傷つけるような人は、人から愛されない、ということ。

そして、人は、信じられない人を愛せないということは、人を信じさせられない人は、愛されない、ということでもあるわけです。

 

おそらく、自分を傷つけるような人と離れられない人、信じられない人と別れられない人というのは、その人を本当に愛しているわけではなく、依存していることの方が多いと思う。

本当に愛していたら、本気で怒って、相手が反省し、変わるまで、別れるでしょうね。自分がいたら、相手がダメになるのが分かるから。

 

もちろん例外的に、浮気をされても別れない人の中には、依存ではなく、相手を愛している人もいる。

その場合は、「単に浮気にすぎない。自分が本命だ」という信じられるものがあるから、別れない人の場合が多い。(ある意味、浮気には寛容な部分も)

 

逆を言えば、浮気自体を受け入れられない人は、まず、関係を続けるのは難しいし、それでも続ける場合は、「今別れたら、生活が困るから」「もう他に、付き合える相手なんて出会えないから」など、依存しているパターンが多いことも…。

 

人を傷つけている人、裏切っている人は、相手の好意にあぐらをかいて、いい気になりすぎているところもあるでしょうね。

 

でも、そこにあるのは、愛ではない。

 

本当に愛されたければ、人をダマしている場合ではないんですよね。

人に安心感を与えることって、愛されるためにも、すごく重要なことなんですよね。

誠実な人でありたいものですね。

 

コラムニスト・ひかり