よく読まれている記事

悲しい出来事が起こった時、気付いた方がいいこと

悲しい出来事が起こった時、気付いた方がいいこと

悲しい出来事が起こった時、それに関してうまくっている人に対してひがむのではなく、「あなたは、私みたいに悲しい思いをしなくて、よかったね」と思える人でありたい。もちろん自分の心の痛みは自分で癒しながら。(※まずは自分を癒さないことには、先には進めないから)

 

人は不幸な経験をすることで、相手の痛みが分かることがある。

その後、自分と同じ経験をした人がいたら、心から「可愛そうに」と思える。

だったら、こんな思いを他の人にはさせたくないな、と思える人でありたい。

自分が欲しいものを手に入れている人がいても、その人はその人の人生において手に入れているに過ぎない。

自分も自分の人生において手に入れられるように頑張るしかない。

「みんな平等だ」と思うのと、「みんな、人生は同じだ」と思うのは違う。

みんなそれぞれ人生のテーマがあり、学びがある。

悲しい出来事が起こった時は、今、自分にとって一番学ぶべきことを与えられていると思うべき。
人と比べるのではなく。

人と自分は、人生は同じようなものだと思っていると、相手が手に入れて、自分が手に入らないものがあるときに深く嫉妬してしまう。

でも、それは関係ない。

相手は相手なりの方法で手に入れたのであって、自分も自分なりの方法で手に入れるしかないのだから。

もしかしたら、相手にとっては必要なものでも自分にとっては必要ではないものであることもある。

人とばかり比べていると、相手が持っているものを自分が持っていないと足りない気がしてしまうけど、相手が持っていなくて、自分だけが持っているものだってきっとあるはず。

持っていないものばかり、目を向けていないのか?にも気付かなくてはいけない。

何かを得たら、何かを失う。
何かを得ないからこそ、失わないものもある。
逆に得られなかったことで得られるものもある。

100%良いことも、100%悪いことも、実際はない。

どんな出来事にも、良いことと悪いことが、両方混ざっている。


少なくとも、自分が不幸なことが起きたときは、自分のような悲しい思いを他の人は経験しないといいな、と思える人でありたい。

そんなとき、自分のことを誇りに思えるから!

コラムニスト・ひかり