幸せを願うことは大切だけど、こうでなくてはいけないと思い込むのは違う

幸せを願うことは大切だけど、こうでなくてはいけないと思い込むのは違う

幸せを願うことは大切だけど、「こうでなくてはいけない」と思い込むのは違う。

自分で思い込んでいる幸せがベストではなく、もっと未知なる幸せが存在することもあるもの。

例えば、私は、小学生の頃から演劇をやっていたので、女優として生きていくものだとずっと思っていました。

でも、今、コラムニストになってみて、「あれ?意外と私、こっちの方が向いていたかも?」とも思うんです。

私みたいに自分のメッセージを伝えたいタイプは自分とは合わないメッセージがある作品で魂を込めて演じられるか、というと、心が苦しくなることもあるでしょうしね。(もちろん仕事だと割り切れば、やれないこともないのですが)

それと同じように、恋愛だって、交際中は、「自分にはこの人しかいない」と思うことはある意味、大切なことですが、別れが訪れてもそう思い込んでしまうと、本当に縁のある相手が目の前にいても気付かなくなってしまうことも。

自分が執着している相手よりも、そっちの人と一緒になる方が、幸せになれることだってありますしね。

「これを叶えたい」と願うことは悪いことではない。

でも、それと同じように柔軟性を持つことも重要。

つまり、どんな状況でも、自分は幸せになるに決まっている!という強い意思があれば、最終的には自分に合った幸せを手に入れられるものなんですよね。

例えば、「結婚をしたい」と思うことは大事だけど結婚しないと幸せになれないと思うのは違う。

結婚しなければ、しなかったで、自分に合った幸せはそこにあるんだ、と思えるようになることも大事ですしね。

そこには、家庭にしばられな自由というのが確実にあるでしょうし。

幸せの可能性は無限大。

柔軟性を持って、幸せを掴める人でありたいものですね。

コラムニスト・ひかり