よく読まれている記事

離婚しやすい夫婦と、しにくい夫婦、何が違う?

離婚しやすい夫婦と、しにくい夫婦、何が違う?

離婚しやすい夫婦と、しにくい夫婦がいるものです。

離婚しやすい夫婦って、どんな夫婦なのか?と言うと、お互いに、もしくは片方が「夫はこうあるべき、妻はこうあるべき」という頑なな理想を抱いていて、相手がそれに当てはまらない時に自分が変わって、柔軟に対応ができない人たちが多いんですよね。

逆に離婚しにくい夫婦というのは、お互いに、もしくは片方が「夫はこうあるべき、妻はこうあるべき」という理想を抱いていても、お互いにその役割をきちんと果たせているか、もしくは、そもそも「夫はこうあるべき、妻はこうあるべき」なんて理想はなく、柔軟に対応できる人たちだったりします。

ただ、結局、一般家庭において共稼ぎをせざるを得ないような経済状況である日本では、お互いに理想的な夫、妻であり続けることは正直、難しいことが多いもの。

特に妻ばかりが仕事と家事を両立することが多いから、家事を完ぺきにこなせないことも多いし、そもそも専業主婦になれるほど夫の給与は高くないでしょうしね。

だったら、お互いに柔軟性を持って、対応するしかないですよね。

ただ、もし妻を専業主婦にさせられるくらい稼ぎが夫にあったとしても、それと、妻を自分の所有物にしてもいいわけではない。

自分の思い通りに相手を動かしたいタイプなどは、結婚してから、奥さんが窮屈になって、逃げ出したくなることも多いでしょう。

つまり、結局は、稼ぎがあろうが、なかろうが、男も女も「結婚する相手」は柔軟性と本当の愛情を分かっている、そんな人にした方がいいし、自分もそういう人になった方がいいんでしょうね。

そうでなければ、結婚は牢獄になってしまうから!

今は女性も仕事を持って稼げるようになった分だけ、その牢獄から逃げられやすいからこそ離婚しやすくなった、とも言えますしね。

ただ単に結婚できればいいわけではない。

柔軟性と愛情のある相手を見つけた方がいいと思いますよ?

離婚しにくい結婚を目指しましょっ!

byコラムニスト・ひかり