よく読まれている記事

好きな人に「会いたい」と思わせる人って、何ができているの?

好きな人に「会いたい」と思わせる人って、何ができているの?

恋人が忙しくて、なかなか会えないにしても、それでもきちんと時間をやりくりして会ってもらえる人もいれば、多忙なのを理由に時間を作ってもらえない人もいます。

結局人は、一緒にいて幸せになれる人に対しては、時間を作るもの。自分が相手にとって、そういう存在かどうか、というのは重要ですよね。

ただし、彼がどれだけ時間に余裕がある人なのか、によって「会いたくなる」のことのハードルは変わるものでもあります。

世の中、仕事に恋しているような人もいます。

彼が仕事が面白くて、出世したくて、なおかつ忙しい場合は、余程じゃないと、時間を作ってくれないことはあるかも・・・(&それなりに「女性好き」ではないと難しい)。

リアルに「あなたが、女性としてド・ストライク!である」、こともやはり重要な要素だったりもしますしね…。

また、それらが当てはまったとしても、自分の恋人になった途端、相手のために時間を使わなくなる人も少なくありません。

つまり、そういう人って、正直言うと、現段階で恋愛対象者にするには「不向き」なこともあるかも。

そういう相手に「会いたい!」と思わせるのは、かなりハードルが高いですしね。

結局、世の中にはどんなに素敵な人でも、「現段階では恋愛向きではない人」も存在するんですよね・・・。

そんな人でも、あるタイミングで、ふと時間ができたり、急に結婚願望が高まったりして、ド・ストライクな相手と出会って、とんとん拍子に結婚しちゃうこともある。

そこにバッチリ自分が入りこめたらいいのだけれど、彼がそういうタイミングではないときに、いくらジタバタしても、彼が一番心奪われているのが、仕事だったりすると、下手に動くとうるさがられてしまいますしね。

そういうときは、ある程度は努力をしつつも、もし自分が本気で将来について考えているときだったら、「彼は今、タイミングではないんだ!」と思って、色々な人を見るのも、1つの選択だと思います。

とはいえ、基本、男性は、本当に相手のことが好きだったら、なんだかんだ言っても、やりくりして時間を作るもの。

片思いの関係だったら、夜中に会うとかはなかなかできないけど、恋人同士だったら、お互いの家に行き来できるし、ちょっとは無理なこともできるもの。

結局、「時間は作るもの」なんですよ。

常識の範囲を超えた忙しい仕事をしている人は置いといても、時間を作れないのは、やはり「作る気がない」のだと、言えるでしょうね…。相手は、無理してまで時間を作る必要はない、と思っている。

ただ、そういう相手に、無理して時間を作らせる必要はありません。

それは、むしろ逆効果ですし、そういう人は、こっちが無理して作らせようとしなくても、会いたければ、作るものだから。

つまり、こっちが会いたいのを分かっていて作らないというのは、結局は、「そこまでして会いたいとは思ってない」ということなのも事実。

残酷な事実ではありますが、それを理解することが、自分にとって、すごく大切なことなんです。

その上で、

「彼がどうしたら会いたいと思ってくれるのか?」

もしくは、

「本当に自分の相手は彼でいいのか?」

をきちんと考えた方がいいような気がします。

そして、最後はきちんと自分で決断することが大切。

その彼を諦めて、もっと自分を大切にしてくれる人の方を選んだときは、「あの彼の方がよかった」なんて、絶対に思わないこと!

逆に、彼がいつまで経っても自分を待たせて、時間ばかりが経ってしまったとしても、「自分が好きで待っていた」と、自分の責任だと思うこと。

ただ、何度も言いますが、時間を作れない人は、「現段階は、恋愛に不向きな人である」ことをよく理解することが大切。

いくら自分が相手を好きでも、不向きな人に「恋愛をしたい!」と言ったところで、物理的に難しいですからね。

だから、「また会いたい」と思われる女性でいることは大切であると同時に、相手が今、恋愛に不向きなのかどうかも、ぜひ、見てみてくださいね(むやみに悩んだりしないためにも・・・)。

byコラムニスト・ひかり