大人にしかできない“愛の形”

大人にしかできない“愛の形”

恋愛は、終わり方こそがすごく重要なもの。

今まで付き合っていた月日を全て台無しにしてしまうような別れもあれば(もちろん、そうであっても、別れてから月日が経てば、良いことも思い出したりはできますが)最後に「それでも、この人と付き合ってよかった」と思える別れもある。

人は自分にメリットのある人に対しては基本優しい。

でも、今後、そのメリットがなくなる「別れる相手」に対しても、最後の愛情や優しさをきちんと持てるかどうかは、その人の人間性にかかってくる。

いかに大人として成熟しているのか。内側にきちんと愛を持っているのか。

例えば、「愛しているからこそ、別れる」というのは、究極の愛だなぁ、と思うものです。

自己愛が強かったら、なかなかできないし(そこから、相手に執着して、ストーカーみたいになっちゃう人もいるし)、むしろ相手のことを本当に愛していないとできない。

でも、本気で愛しているからこそ、辛いことだったりもします。

愛する相手に「別れたい」と言われたときに、キッパリ別れてあげるのは、最後にできる相手への愛情です。

私にも一度、そんな経験がありました。どうしたらやり直せるのか、なにが不満なのかをたくさん話し合ったし、改善しようとしたけど、相手の心が離れちゃったら、もうどうすることもできないんですよね。

そのとき、「好きだけど、別れてあげるしかないんだな」って思いました。

でも、今なら思うんです。

あの頃の、好きな気持ちをぐっと堪えて、きっぱり別れた自分に誇りが持てる、と。

「すがるよりも、相手を手放す」ってすごく難しいことですが、それができたとき、強くなるし、一歩大人になれる、というか。

表面的な価値観でみたら、単に大失恋をしただけかもしれませんが、人生というレベルで見たら、明らかに、心が成長できる出来事であり、良い経験だったりもします。

愛するということは、「相手の幸せは、自分の幸せである」ということ。

さらに言うと、「相手の不幸は自分の不幸でもある」ってこと。

だから、相手が別れたがっているときは、別れてあげる。

そこまで愛せたら、その愛はより本物でしょうね。純度の高い愛を私たちも持ちたいものですね。

byコラムニスト・ひかり