忙しくても、気遣いを忘れないのが大人!

忙しくても、気遣いを忘れないのが大人!

忙しいと余裕はなくなってくるものですが、そんなときこそ、相手に気づかいができるどうかで大人度が問われるものですよね。

だって、自分が忙しいことなんて、相手には関係ないのだから!

忙しい自分にとっての10分と自分以外の人の10分は、同じ価値だということに気付かず、平気で遅刻をしたり、リスケをしたり、一緒にいる時間も「忙しい」と愚痴を言ってつまらない会話をする人などは、やはり視野が狭いですよね・・・。

時間って誰でも平等に1日24時間与えられているから、それをどう使うかは、自分次第。

どんな理由であれ、最終的に自分の意思でその仕事をしているのであれば、自分の時間をそれに費やしているのは自分自身。

時間は見えないものだけど、これが「お金」だったら、どうなのだろう?と思う。

「時間」を「お金」に置き換えると、「時間がない」と嘆いている人は、与えられたお金を自分の意思で使っているにもかかわらず、被害者意識を持って、「お金がない」と言っているのとそう変わらないのかもしれない。

要は、聞いている方からしてみたら、「知るか!」なんですよ(苦笑)。
自分で自分の時間をそのように使っているからでしょ?って。囚われの身じゃあるまいし!

本当に嫌だったら、転職でも何でもすればいい。

もちろん仕事が忙しくて会えないときは、相手に「気がない」と勘違いさせないためにもきちんと理由を言う必要はあるもの。

ただ、それでも、結局は、「時間は作るもの」だし、もしその会社がブラック企業なのだとしたら、そこで働くのを選んでいるのも、また自分ですしね。

被害者意識を持つから、本来、楽しい会話をするべき相手にも「時間がない」なんて愚痴るわけで。

もちろん、仕事は大事だから、相手が仕事が忙しくても「会いたい!」なんて無理を言うのは、またもやお子ちゃまだし、そんな人とは付き合っていられないだろうけど、せめて、せっかくの会えた時間は愚痴らず、楽しいひとときを過ごしたいものですね。

何度も言うように、自分が忙しいことは、相手には関係ないことなのだから!

忙しくて、余裕がないときこそ、気を付けたいものですね。

byコラムニスト・ひかり