本当の愛情って、 じわじわくるもの。

本当の愛情って、  じわじわくるもの。

恋の駆け引きって、よく聞くものだけど、本当に必要なものなのかな?と思うことがあります。

なぜなら、駆け引きして相手の気持ちを引き寄せるのって、相手の内側にある嫉妬心や不安感を操作することが多い。

でも、そもそも嫉妬心や不安感というのは愛とは程遠い感情だから、それが元となって付き合おうとなったところで、付き合ってから大変だろうな?って思うんですよね。

本当の愛情って、じわじわくるもの。

一目ぼれとか異性として好み、というのはまだLOVEではなく、「自分が好んでいる」という意味でのLIKEに過ぎない。

でも、相手の人柄に触れ、どんどん信頼を抱き、心を許すようになった時、相手の幸せのために自分は何かをしたくなる。

そこまでの思いになって、ようやくLOVEが元で行動をするようになるのだろうし、そこで始まった関係なら長続きするでしょうね。

だから、駆け引きではなく、もっと本当の愛情で相手のLOVEを引き出すことは重要だと思うんです。

もちろん、中には、恋愛がゲーム的な感覚の人なら、LOVEよりも、嫉妬などハラハラドキドキが大事な人がいたり、こっちがいくら愛情を注いでも、それを「利用しちゃおう!」と思うような自分勝手な人もいるもの。

だから、もし、自分は本当に愛し合えるパートナーを望んでいるなら、「相手は自分が愛情を注ぐに値する人なのか?」をきちんと見極めて、どこかで、“その程度の人”だと見切りをつけることも重要でしょうね。

恋の駆け引きなんて、恋愛ゲームをしたい人向け。そこに愛はない。

どうせなら、愛のある恋愛を目指しませんか?

byコラムニスト・ひかり