コミュニケーション下手を克服する秘訣

コミュニケーション下手を克服する秘訣

「言葉ではうまく表現できないんだけど…」

仕事で、著名人のインタビューをしていると、たまにそういったことを言われることがあります。

もちろん、言葉で言ってもらわないと困るのですが(笑)、でも、気持ちは分かるんです。

言葉で表現できるものって限られているから、自分の思いをありのまま言葉にするのは、言葉の訓練ができている人でも難しいことです。

しかも、文章にすると、読み手によっても解釈が変わる。だからこそ、意志疎通って、すごく難しいものだなぁと。

私は、著名人をインタビューするときは、その言葉に乗った相手の心をくみ取るようにしています。

それによって、相手が発する言葉よりもより相手の思いに近い言葉を使って、

「それって、こういうことですか?」と聞くと、「そうそう!そういうことを言おうとしたの!」となることも多いです。

言葉そのものにとらわれ過ぎずに、“その言葉に乗った思い”をどれだけくみ取れるか。それこそが、コミュニケーションだと思うのです。

ただ、聞き手の方の思いが強ければ強いほど、話し手の思いをくみ取りにくくなります。だからこそ、きちんとキャッチできるように、自分の心を整え、聞ける体制になることも必要だったりします。

最近、つくづく思うんです。言葉を単に言葉だけでキャッチしている人が多いなぁ、と。そこに込められた思いまでをきちんと受け取れる人は少ない。だからこそ、コミュニケーションがズレているし、一方通行になりやすいんだなぁと。

もちろん、メールでの短い文章で相手の思いを読むのは難しいですよ?だから、メールは置いといても、実際に会ったときくらいは、相手の表情、声のトーン、そして相手の思いをきちんとキャッチして、表面的な言葉ではない部分をくみ取ることが大切だと思うのです。

例えば、「彼が『好き』だと言ってくれたから!」そう言って、付き合ってないのにHをして、以前、言ってくれた彼の言葉に引きずって、ズルズル関係を続けている人も少なくありません。

彼のこのときの思いもきちんとキャッチしてました?

自分の願望だけで相手を見ていなかった?

口だけがうまい彼に振り回されていませんか?

好きな人のコミュニケーションに関わらず、本でもコラムでも、やはり言葉に乗った著者の思いまでを読もうとしないと、理解しきれないことも多いと思うんです。

だから、相手のメッセージをキャッチしようとしないで、自分の物差しだけで文字を追っているから、文章の解釈もズレてくる、というか。

“言葉に乗った思い”をどれだけキャッチするか。

それこそが、本当のコミュニケーションだと思うのです。

byコラムニスト・ひかり