それ、“誰とも付き合えない病”では?

それ、“誰とも付き合えない病”では?

婚活がうまくいない人は、「この人のこの部分がひっかかる」「この人のここが嫌」なんて、ジャッジばかりしがち。

でも、完璧な人なんていないのだから、そんなことを言っていたら、誰とも付き合えなくなってしまうもの。

また大人になればなるほど、なかなか人を好きになれなくて、先に進めない人も少なくない。

ある程度の年齢になると、仕事も忙しいし、恋愛にばかり集中していられないからこそ、恋愛スイッチが入りにくく、恋しにくくなってくるものなんですよね。

そもそも好きになってから関係を始めたところで、付き合ってみて、お互いの内面を見せ合ったときに、「あれ?」と思うところも出てくるのだから、そこで相性が合わないことを発覚することもあるし、外面(そとづら)ばかり見て、相手を判断しても、分からないことばかり。

だったら、ある程度、好みのタイプだったら付き合ってみるところから始める関係があってもいいと思う。

深く相手と関わり合うことで芽生える愛情もありますしね。(相手に自分を受け入れてもらうことで愛情が芽生えることって多々ありますしね)

さらに大人になればなるほど、臆病になるもの。

結婚となれば、いや、それ以前に、人と恋愛するとなれば、そのために時間と労力も使うので、独り身の気軽さとは違い、今の環境を変えざるを得ないことも出てくるもの。

そんなときに、頭で色々と考えてしまって、変われる勇気をもてなければ、人を好きになることもできないし、人と関係を始めることもできなくなってしまう。

今、出会っている人はみんな、多くの人の中から奇跡的に出会った運命の相手だと思って、「この人とだったら、どうすれば、いい関係が築けるのか?」から考えていくようになっていった方が、意外と建設的な関係が築けたり。

それでも、本当に縁のない相手だったら、縁は切れていくものなのだから。
(これはホント、縁の不思議。誰かにとっては合わない人でも他の人にとって合う人だったりするから、なにか欠点があるから縁が切れる、という話でもないんですよね)

婚活していると、「意外と多くの人が婚活している」と感じる人も多いと思う。

でも、だからって目移りして、ジャッジばかりしていると、本当に誰とも付き合えなくなってしまう。

それこそ気が合って、信用できそうな相手で、ある程度の条件さえ合えば、「えい!」と飛び込めるくらいの身軽さは大切なのかもしれません。

それ以前に、結婚のこだわりも余り持ちすぎないことも大切。

こんなに結婚をしたがっている独身者は、多いものだけど、そもそも結婚できたところで、幸せになっている人は、多く見積もっても全体の3分の2だから。
(3分の1は離婚していますしね)

仮面夫婦も入れたら、実際は半分くらいかもしれない・・・。

つまり、上っ面の条件が合ったとしても、いざ、結婚してみたら、もっと色々なところが出てくるもの。

それこそ今までは気付かなかった日常生活の細やかなことさえも、人によってはストレスになることもあるでしょうし。

結婚前のこだわりなんてどうでもよかったと思えることも多いのでは?

何はともあれ、始めてみないと分からないことはいっぱい。

あれこれ迷っていないで、縁があったら、一度、飛び込んでみても、いいかもしれませんよ?

byコラムニスト・ひかり