条件が悪い女がいい恋愛をするには?

条件が悪い女がいい恋愛をするには?

恋愛、結婚において、自分のスペックが良いのに越したことはありませんが、だからって、素敵な恋愛ができるとは限りません。

なぜなら、ルックスや職業、若さなど上っ面な魅力だけに惹かれて近づいてくる異性も少なくないからです。

ルックスにしろ、若さにしろ、歳を重ねれば変わってきます。そんな自分の本質とは違う、表面的な一部分を気に入ってもらっても、嬉しくないものですよね。

更に言えば、そんな上っ面の魅力ばかり見ているような人と関わっても、幸せになれるとも思えません。もちろん自分がスペックも悪くて、尚且つ、性格も悪かったら、そりゃ、幸せな恋愛なんて難しいですよ?(汗)

でも、スペックが悪くなるからこそ(もう若いとは言えなくなったり、何かしら“負い目”があったりするからこそ)、人の痛みが分かるようになったり、相手のことをより許せるようになったりすることも多いもの。

だから、「私の条件は悪いから」なんて、いじけていないで、もっと内面的な魅力を磨ける人でありたいですよね。

正直言うと、昔は美人であったであろう歳を重ねた女性ですごーくワガママな人がいると、「あぁ、この人は、若い頃は綺麗だからチヤホヤされて、性格を直すきっかけを失った人なんだな」なんて思います。
相手も彼女に嫌われたくないからって、(他の男性のところに行ってほしくないからって)ワガママを聞いてきたパターンも多いでしょうし、逆に彼女自身も、せっかく苦言を呈してくれる人に出会っても、「じゃあ、他の男性の方に行くから、もういいっ!」なんて、さっさと別れてしまったから、歳を重ねた今となってはモテなくなり、そんな性格のままでは人に好かれることも減り、恋愛ができなってしまった、なんてこともあるでしょうしね。

これは男性でもよくあるパターンで、ルックスがイマイチな男性の場合、トーク力で人を笑わせたり、サービス精神があったりして、意外と歳を重ねてからモテ始めたりすることもよくあること。

逆に若い頃にモテてきた人ほど、未だ、自分中心にしか物事を考えられず(今までの彼女はみんな、彼に気を遣って、彼中心の行動をしていたのかも?)、しかも自分勝手な自分にも気付いていない、なんてパターンもよくあることで。

だから、いつ大事なものを学べるか?なんですよね。

それが自分の魅力となり、武器となるのだから。

それは、今からでも遅くないわけで。

女性にとっては、「若くない」「離婚歴がある」「美人ではない」などは、条件がいいとは言えないけど、それに上回る魅力があれば、見る目のある人だったら、やはり「この人と一緒にいたいな」と思ってくれると思うんですよね。

そんな相手とお付き合いをした方が、幸せになれるような気がします。

人の魅力に気付ける人って、その人もそれだけの魅力を持っていることも多いし、内面の魅力を見られる人って、やはり苦労を重ねて、自分を磨いてきた人が多いから。

いい条件でなくなった今だからこそ、“本当の魅力”を理解し、身に付け、それが分かる男性といい恋愛をしたいものですね。

byコラムニスト・ひかり