X
    Categories: HAPPY

人を傷つける人は、実は、心弱き人

余程のサイコパスでない限り、意外とみんな、いい人だったりする。

それなのに、なぜ人を傷つける人が存在するのか?

それは、いくつかの方法がある中で、その方法をとることでしか自分を保てない人がいるから。

つまり、心弱き人なんですよね。

人を犠牲にしなくても、自分を保てる強さがある人だったら、そんな方法はとらない。

だって、みんな基本、自分はいい人でいたいから。自分が納得できる行動をできる人でいたいから。

だからこそ、人を傷つけた人は、自分を認められなくなり、自己嫌悪でどんどん自分を苦しめる。

自分が自分の一番の味方でいなくてはいけないのに、自分の味方になれない人は、苦しむ。心にも余裕がない。

だからこそ、また人を傷つけるような行為をしてしまうこともある。そして、さらに自分を嫌いになる。

それって、悪循環じゃないですか?

少なくとも、自分が人に傷つけられたときは、悔しい思いもあるだろうけど、「相手は心弱き人なのだ」と思いましょう。

そうすることで、同じ土俵に乗らなくなるので、仕返しをしてやろうなんて思わなくなるから。

正当な方法で対応するのではなく、汚い手段で仕返しをする人も、実は心弱き人。

仕返しをして、相手を傷つけたところで、本当に心がスッキリするか、といえば、しないから。それは仕返しをするような自分を誇れないからなんですよね。

相手と同じ土俵に乗って、自分まで墜ちる必要はない。

人に傷つけられた人は、そんな人とは距離を空けて、自分は自分で幸せになりましょうね。

そういう人が、心強き人だから!

byコラムニスト・ひかり

hikari :コラムニスト・All About 恋愛ガイド・HAPPY WOMAN NEWS編集長。

Comments are closed.