X
    Categories: HAPPY

宇宙人と地球人の愛の違いとは?

自分を愛し、自分と同じように人を愛し、さらに分け隔てなく人を愛せる人こそが“本当の愛”を抱いている人とも言えます。 まさに、神レベルの愛ですが。

本当の愛を抱きたいと思ったとしても、特定のパートナーを持つことの多いこの人間のレベルでは難しいことなんだなぁなんて、つくづく思うのです。 

たとえば、結婚して子供が生まれたら、優先順位1位で我が子を愛する親は多いと思う。 

その時点で、「分け隔てなく人を愛する」ということが難しくなってくるんですよね。 

たとえ結婚しなくても、親を優先順位を高くして愛している人は多いものですしね。 

そもそも人間の愛は相手への所有欲が強いんですよね。相手を“自分のもの”だと思いやすい。

言うなれば、「“自分のもの”だから愛せる」というところもあるのでしょう。 その時点で、本当の愛とは程遠い。エゴが出てくるから。 

だからこそ、子離れできない親が出てきてしまうのも、仕方がないことだったり。(せっかく自分が育ててきた=投資してきた我が子が自分の手を離れていくのは、許せない、みたいな) 

まだそんな段階だからこそ、他国を犠牲にしてでも、我が国を優先するところもあるでしょうしね。(日本だって、発展途上国に工場を作って、安い賃金で働かせているのだから、同じようなものかも) 

もちろんその安い商品を私は喜んで使っているのだから、私も同類なんだと思う。 

そういえば、宇宙人のバシャールは、書籍の中で、「私たちの社会では、すべての人がすべての人と結婚しています」と言っていますよね。 

そういうことなのか!と思うのです。 それこそが、自分を愛し、自分と同じように人を愛し、さらに分け隔てなく人を愛するってことなんでしょうね。 

それで言えば、人間の愛って、まだまだそのレベルには至っていないですよね。 

でも、せめて「自分」と「大切な人」のことだけでも、本当の愛により近い愛を与えられるようになりたいものですね。 

自分を愛せていない人、パートナーを本当の意味で、まだ愛せていない人も少なくないですしね。 まずは、そこからが第一歩かも。

byコラムニスト・ひかり

" hikari : コラムニスト・All About 恋愛ガイド・HAPPY WOMAN NEWS編集長。."

Comments are closed.