X

アラフォー女性が結婚相手に望むものとは?

アラフォー女性が結婚相手に望むものは、アラサー女性とは変わってくるもの。

もちろん個人差もあるし、どれだけ自立しているのかによっても変わってくると思います。だから、今回は、精神的にも経済的に自立した女性が求める結婚相手とはどんな人なのか?について。

ここで注意すべき点があるとすれば、「求める結婚相手」であって、「求める恋愛相手」ではないこと。

つまり、結婚したいと思っておきながら、実は「恋愛したい!」という思いがまだメインな人は、また違ってくると思います。

アラフォーである程度仕事をしている女性が結婚相手として臨むことは、「相棒」のような存在だと思うんです。

アラフォーで自立している女性でリアルに結婚を考えている場合は、もう恋愛で「非日常感を味わいたい」なんて思いからも卒業していることが多いもの。(逆にまだキラキラした恋愛をしたい人は、結婚よりも恋愛をしたいのかも)

恋愛ではお互いにそれなりに普段以上に着飾って、「いい男」「いい女」を演じていることも充分に分かっているからこそ、そんな“まやかし”な時間を過ごすよりも、リアルに「一緒に人生を歩んでいける相手なのか」を考えるようになると思います。

だから、相手が「いい男」を演じていても、「普段は、どういう人なんだろう?」と見るようになりますしね。

ただ、だからって、「“好条件だけど、生理的に受け付けないような男性”を結婚相手に選ぶか」というとそんなことはなく、やはり自立している分、「一緒にいて楽しい人、居心地のいい人」を優先にすると思います。

これがなければ、一緒にいたくないですしね。

だから、話が合う人、価値観の似ている人、さらに、自分らしくいられる相手をより求めるようになるような気がします。
 

単に恋愛をしたい人というのは、どちらかというと話が合わなくても、価値観が違っても、ただただ異性として“そそる”相手を求めがち。(男女ともに)

だから、冷めやすかったり、結婚にまでは至りにくかったり。

異性というのを、同じ人間と見ていないで、“メルヘン”的に見過ぎなんですよね。だから「本当の相手」を見ていなかったり。

でも、お互いに「いい男」「いい女」を演じたままずっといられるわけはないし、その演じるのを止めたときにこそようやく「本当の相性」が見えてくるもの。

そんなとき、「やっぱりこの人ではない!」なんてなりがちだったり・・・。

アラフォーで自立している女性であれば、もう結婚相手によって、自分の社会的ポジションを上げようなんて他力本願なことも思わないし、(玉の輿も狙っていない)それなりに恋愛をしてきたからこそ、もう“非日常”を味わるような関係は卒業して、現実的に向き合える相手を求めている人は少なくないもの。

だから、白馬の王子様を待っているわけでもない。

そんな一緒にいるとより心強くなれるような“相棒”と出会いたいものですよね。

ただ、そのためには相手もそれくらいの段階になっていることが望ましいもの。

男性の場合は、いくつになっても、ロマンティストな人が多いですからねぇ(苦笑)。

この差がまた恋愛、結婚をさせにくくさせるところもあるのかも。。。

byコラムニスト・ひかり

" hikari : コラムニスト・All About 恋愛ガイド・HAPPY WOMAN NEWS編集長。."

Comments are closed.