よく読まれている記事

HAPPY( 2 )

Category
「子供が欲しいから結婚したい」と思っていない?
「子供が欲しい」と願うことは、間違いではありません。でも、「子供が欲しいから結婚したい」という人は、要注意です。 もし子供ができなかったとき、結婚した相手と、新たな幸せを見つけることができるのか? もし、そんなとき、結婚した意味すら分からないようであれば、仮に子供ができたところで幸せにはなれないでしょう。 ◇ 基本、自...
一生懸命なにかに向かうこと自体が、人生を彩る
映画「百円の恋」を観ました。 低予算で作った映画にもかかわらず、主演の安藤サクラさんが日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞した作品です。 すごいパワーをもらえる作品でしたし、女優魂を感じさせられました。安藤サクラさん、かなりスゴイです。 <実家にひきこもり、何をやってもダメな一子(安藤さん)がボクシング...
現代人の恋愛がうまくいかない理由は、ここにあるかも!?
「愛着障害」という心の病気があるようです。 これは、子供時代に親(主に母親)との関係がうまくいかず、満たされなかったことで、大人になってからも、様々な面で症状が出てしまう心の病気のようです。 いわゆる毒母に育てられた子供は、なりやすい病です。(例えば、虐待、育児放棄など) 先日、『愛着障害の克服~「愛着アプローチ」で、...
「生きやすくなる」ためのとっておきの方法
人生はいつだって「自分との戦い」です。 人が誰かを傷つけるとき、本当に相手を憎んで、というよりは、そうしないと自分を保てない(=何かに対して恐れている)から結果的に傷つけてしまったことが多い。 それは自分を傷つける相手だって同じ。 その人は、深く憎んでいて、傷つけることを目的にそういう行為をした、というよりは、なにかを...
もう、自分の弱さから逃げない!
2007年の内田有紀さん主演の映画「クワイエットルームにようこそ」を観ました。 10年前の作品ですが、今も色あせない魅力があるし、内田さんがとにかく綺麗。「こんなに演技がうまかったんだ!」と思うくらいに思い切った演技をしています。 かなり見ごたえのある作品でした。シュールで面白くて、ちょっと切なくて、最後までハラハラし...
人生の「失敗」ストーリーを完結させる方法って?
人生はストーリーの連続です。 「喜び」のストーリー、「悲しみ」のストーリーなど、どれもそれぞれに起承転結があります。 その積み重ねが人生です。 その中には、「失敗」のストーリーというのもあります。 これは、「失敗した」→「反省する」→「改善(成長)する」→「自分を許し、失敗にむしろ感謝できるようになる」 といった、起承...
トラブルの原因の半分は、自分にある!?
「トラブル」と「ツイてない出来事」って、実はイコールではないんですよね。 ツイてない出来事は、誰にでも起こるものだけど、そこからトラブルに発展させる否かは、自分次第なところも意外と大きかったり。 例えば、不機嫌な人がいて、八つ当たりされたとき、「あぁ、機嫌が悪いんだな。かわいそうに」と相手を思いやることができれば、虫に...
「あなたのために言っている」は、本当?
よく「あなたのために言っている」と言う人がいます。 その言葉を盾に、相手に辛辣なことを平気でいう人もいます。 ふと思うんです。本当に「相手のために」言ってる? 本当に相手のために言っていたら、もっと相手が聞き入れやすい言葉で言うはず。 つまり、「あなたのために言っている」は「あなたのために言っていない」ことも少なくない...
自己肯定できるようになる、とっておきの方法って?
自己肯定できるようになる、とっておきの方法ってなんでしょうか? 失敗しても、「ま、いっか!私は私。いつでも前向きだもん!」と失敗を省みない人を自己肯定と思う人もいるかもしれません。 でも、それは単に現実が見えていないだけで、自己肯定とは違います!(=ニセモノの自己肯定) もっと言うと、人ってなんだかんだ言って、自分に嘘...
幸せになるために、重要なことって?
ふと思うんです。 幸せになれないのではなく、幸せを受け取れない人が多いのでは? 愛されないのではなく、愛を受け取れない人が多いのでは?と。 例えば、「幸せすぎて怖い」と言う人がいる。 そういう人はすでに、幸せを受け取るのに怖がっている。 だからこそ、心のどこかで受け取れないでいるのでは?と。 「自分なんて愛されるはずが...